Antimicrobial Resistance Benchmark: スーパー耐性菌:薬剤耐性菌への製薬各社の取り組みを比較した 初の独立調査

  •  日本の製薬会社で比較対象基準を満たしたのはシオノギ製薬のみ
  • 日本は最も多くの薬剤耐性(AMR)サーベイランスプログラムが進められている
  • 報告書は、薬剤耐性の拡大を抑制する上でジェネリック医薬品企業の重要性を強調している

【オランダ・アムステルダム】本日、薬剤耐性菌に対する製薬各社の取り組みに関して、初の独立した分析結果が発表されました。調査では製薬会社が新薬の開発に加え、抗生物質の過剰な売込みを奨励する営業担当者へのインセンティブ廃止、工場廃液中の抗生物質濃度の上限設定、スーパー耐性菌拡散状況の追跡などに取り組んでいることがわかりました。

Back to top |